よくある質問


 

ネイルは定期的に休む必要はありません

 

「ネイルは定期的に休んだほうが良い」

 

「爪も呼吸してるからネイルは良くない」

 

「ずっとネイルをしていると爪が弱くなる」

 

と聞いたことがありませんか?

 

 

 

確かに、薬液をつけてアルミホイルで巻いて、ネイルオフしたとき、

 

爪が白っぽくなったり、表面がぼろぼろになっていますよね。

 

ネイルが爪に良くないと言われる理由は、オフの時の徐光液です。徐光液は、

 

ネイルを溶かしてオフが早くできますが、爪にかなりの負担をかけます。

 

・二枚爪になりやすい  ・爪が白っぽくなる   ・爪が乾燥しやすくなる

・爪の再生が遅い    ・爪の表面が剥がれる  ・爪が変色する

 

 

数をこなすために早くオフをする必要があるサロンでは、

 

早くオフが出来る薬液を使用されるサロンが多いようです。

 

当店では、ネイルを付け替えのときに、薬液をつけたアルミホイルで巻かず、

 

表面のカラーだけを取って、ベースを残してまたカラーを塗ります。

 

その為、毎回ネイルが楽しめますし、爪も薄くなりません。

 

 

 

なので、お葬式などで、全部オフしなければならなくなった場合は、ベースを薬液で

 

すべて落としてしまうのではなく、ベースを残したままクリアネイルをすることを

 

おすすめしております。

 

すべてオフした場合は、かなり爪にご負担がかかります。

 

 

 

ワンポイントまめ知識★

 

爪は、表皮の固くなったもので角質です。

 

角質は呼吸もしていませんが、すぐ下はネイルベッドといい神経や血管もあり

 

根元も生きた細胞の集まるところです。髪の毛と同じなんですね。

 

           (一部引用文書あり)